シュトレンとは
シュトレンは、ドイツの伝統的なクリスマスのお菓子です。一般的にはザクセン州ドレスデンが、このお菓子の発祥の地だといわれています。日本では「シュトーレン」とよばれますが、ドイツ語では「シュトレン」と発音します。
ブランデーに漬け込んだドライフルーツが生地に練りこまれており、表面にはたっぷり粉砂糖がまぶされています。

ドイツでは、キリスト教のアドベント(クリスマス・イブの4週間前からイブまで)の期間に、薄くスライスして少しずつ食べながら、楽しみにクリスマスを待つ習慣があります。少しずつ時間をかけて食べることで、熟成の味の変化を楽しむことができます。

常温で750gのシュトレンで大体6か月ほど日持ちします。
たっぷりの粉砂糖でコーティングされているため、長期間保存が可能となります。日本でもクリスマスの時期まで安心してお召し上がり頂けます。
シュトレンの歴史
オリジナルドレスデンシュトレンの歴史は15世紀にまでさかのぼります。シュトレンが初めて記録に現れたのは1474年。当時はまだ、シュトレンは「シュトリーゼル」または「シュトルッツェル」と呼ばれる質素な焼き菓子の一つでした。それは、クリスマス前の四旬説の精進期間に許される食べ物でした。この質素な焼き菓子は、前世期になってようやく我々が今日知っている美味しいシュトレンへと進化しました。
なぜなら、遠く15世紀に入るまでローマ教会の教義はシュトリーゼルの材料として水と酵母と小麦粉以外を許可していなかったからです
バターや牛乳、スルタナ(大粒の種なし干しブドウ)、レモンの皮の砂糖漬けやアーモンドが全く入っていなければ、シュトレンは特別おいしい食べ物ではなかったはずです。
このジレンマに終止符を打とうとザクセン選帝侯エルンストと弟のアルブレヒトは、バター禁止令廃止の請願を持って教皇ニコラウス5世に相談しました。

神聖なる神父はこれを許可し1491年「バター食用許可証」をその君主たちの町に送りました。
良質な黄金色のバターはシュトレンを美味しく柔らかくします。それ以前のザクセンでは甜菜油でやりくりしなくてはなりませんでした。このようにしてシュトレンは素晴らしくおいしい食べ物となりました。


エミールライマン プレミアムシュトレン
エミールライマンの最高級製品にはブランデー漬けにした選りすぐりの干しブドウ、太陽の光を存分に浴びたアーモンド、ジューシーなオレンジピールとレモンピール、香り豊かな香辛料、そして新鮮なザクセン地方ブランドのバターだけが使用されています。
これにさらに厳選された材料が厳格に守られたライマンレシピに従って、美味な生地に混ぜ合わせられます。
厳選された原材料のみが香り豊かなシュトレン生地に混ぜ合わされ、このプレミアムシュトレンの土台を形成します。このプレミアムシュトレンで特別な風味を体験できるのは、メースやカルダモンのように手で捻じ曲げた香料を使うことによります。


シュトレンの生地は手作業で伝統的シュトレン(坑道)の形に作られます。
熟練の手がシュトレンを一つ一つ捏ねてシュトレンの典型的な形に仕上げ、慎重に熱いオーブンに入れます。

焼き上がった後に何度もバターに浸し、手で砂糖をふりかけます。繰り返しバターに浸すことで最適な新鮮さを保証し、シュトレンを格別にみずみずしくさせます。

まだ暖かいシュトレンは特別なしっとり感を出すために熱い溶かしたバターに浸しザラメ砂糖を振りかけます。
完全に冷めてから袋に入れて「君主の行進」が浮き彫りされている高級缶に詰められます。
シュトレンは専用の袋で保護されており、上品な金色に浮き彫りされた贈答缶に入れて配送されます。お召し上がり前に別袋の砂糖を振りかけて、このドレスデンの特産品は完成です。
貴族的で多様な高級感を強調するために、一つ一つのドレスデン・シュトレンには黄金のシュトレン印章が付けられます。
そのように伝統的手作業で準備され、愛情持って梱包されたオリジナル・ドレスデン・シュトレンはエミール・ライマン社から世界中のエミール・ライマンご愛用者の元へ届けられます。エミール・ライマンが100年以上守り続けてきた独自の美味しさは、そのレシピと職人技の製造方法と最高級の材料によるものです。

エミールライマンの品質
毎年、DLGは最高品質を授与されています。
毎年、DLGは最高品質を授与されています。


エミールライマンでは発送前に資格を持った専門家が、シュトレン一つ一つの品質と熟成度を検査しております。ドレスデンから来る専門的研究室が月次コントロールを実施していますが、弊社の熟練マイスターと職人が現場で毎日クリスマスシュトレンの生産コントロールを請け負っています。
ドレスデン・シュトレン保護協会は毎年品質検査を行い、その結果で「黄金シュトレン騎士」の印象を授与します。


ミニシュトレン 250g
化粧箱入り

ドレスデンシュトレン 750g
化粧箱入り
レープクーヘン
ドイツのクリスマスのお菓子としてシュトレンの次に日本で知られているのがレープクーヘンです。しかし、近年、本国ドイツではシュトレンよりレープクーヘンの方が圧倒的に人気があります。
クリスマスマーケットでは子供向けのカラフルなトッピングを施したハート等の様々な形をしたレープクーヘンをよく目にしますが、大人もこの時期レープクーヘンの消費量がぐっと増えます。
アニス、カルダモン、マースなど特徴ある香辛料の入った焼き菓子は、初めて食べる日本人の中には苦手とする方もいるようですが、ドイツに住んだことのある方やドイツ菓子ファンの間では一度好きになったら病みつきになると言われています。レープクーヘンの香りを嗅ぐとドイツを思い出すこと間違いなし。


実はチョコレート消費世界一のドイツ

美味しいチョコレートがあるのはベルギーやフランスだけではないのです!
ドイツ人の一人当たりのチョコレート消費量は日本人の6倍、そして消費量は世界一。東京の有名百貨店のチョコレート担当バイヤーさん達でさえ知らなかった事実です。それだけ消費量が多いのでありますから当然美味しいチョコレートも山ほどあるのがドイツです。では、何故ドイツはチョコレートで有名になれなかったのか。。。一重にドイツの食べ物のアピールとしてビールとソーセージにマーケティングが集中的に行われたせいではないかと言われています。

昨今では日本だけはなく世界中でクリスマスマーケットが開催されるようになりました。つい10年ほど前までは、ロンドンに住む日本人もクリスマスマーケットを求めてドイツに来たものです。しかし、今やハイドパークの冬の名物ウィンターワンダーランドのドイツ村は立派なクリスマスマーケットとなっています。それでもクリスマスと聞けば人はドイツ菓子を連想してくれます。クリスマスマーケットの本家本元がドイツであるおかげです、きっと。シュトレンは日本でもすでに確固たる市民権を得ています。
しかし、バレンタインでは皆様ドイツをスルーして、ベルギー、フランス、スイス、イタリアのチョコレートに走るのです。

ドイツチョコレートの美味しさと種類の多さを是非日本で紹介していきたい!と思い、数あるチョコレートブランドの中で大好きなライジーファーの社長さんを表敬訪問し、ライジーファーの高級チョコレートの美味しさを日本で紹介するため弊社と取引を始めていただきました。